• なぜ浄水器が必要なのか

    • 日本は蛇口をひねれば、飲める水が出てきます。

      浄水器関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

      しかし、飲める水が「安心安全」というわけではありません。
      昔に比べて、浄水器をつける人も多くなりましたし、普段使う蛇口とは別に浄水用の蛇口があらかじめつけられたキッチンも増えてきています。



      2013年の浄水器普及率は37.7%(一般社団法人浄水器協会調べ)となり、時代の変化に伴って、水道水に対する認識も変わってきたようです。浄水場で浄化された水には菌の繁殖を防ぐために、塩素が入っていますが、煮沸してとばしているから大丈夫だという認識をしている方がいます。


      ですが、浄水場から家に届くまでの間に、水は水道管を通ります。


      水道管の交換が頻繁に行われれば良いですが、時間も費用もかかるため不可能です。



      今でも、昔つくられた鉛管のままの地域があり、厚生労働省は新聞で鉛に有効な浄水器を使うよう呼びかけました。
      その他にも、トリハロメタンや、塩素に強い耐性のあるクリプトスポリジウム等々、水道水には塩素以外にも含まれる可能性のある物質が多くあり、煮沸対策だけでは解決できないのです。


      一軒家の方は公道から自宅への水道管のメンテナンスは自己責任ですし、アパートやマンションにお住まいの方は貯水槽のメンテナンスが管理人に託されています。規模によって、掃除清掃が任意になりますので、常にキレイに保たれているかどうかに関して、疑問に感じます。つまりは、蛇口から出てくる水に関しては、各々が自衛するしかないのです。
      浄水器をつけることで、自分だけでなく、家族の安全も守る事ができるでしょう。


  • 初心者向き浄水器

    • 浄水器の水の味にこだわるのは避けたい

      除水器で浄水された水は普通に水道水を直接飲むことに比べると、やはり浄水されていることから美味しくなっています。しかし、浄水器を選ぶ際に味にこだわりを持つことは基本的に避ける方が良いです。...

  • 浄水器の対策方法

  • 浄水器の秘訣・浄水器の知っておきたい常識

    • 浄水器の設置は今や当たり前

      今や浄水器のない家庭がないほど「水」に対する質を求める人が増えました。若い人たちの間ではミネラルウオーターを購入して飲むことが当たり前のごとく、水道水を直接飲料用に使用する人が少なくなっているのです。...

    • セントラル浄水器はコスパが悪い

      セントラル浄水器を購入するならしっかりとコスパを考えるようにしましょう。基本的に数ある種類の中でもコストは破格に高いのがこのセントラルタイプであり、それに見合うだけのパフォーマンスがあるかどうかは人によって感じ方がかなり異なると言えます。...